MOS試験 資格

事務員として必須なスキルであるパソコンは、マイクロソフトが提供する
オフィスといった製品を勉強する必要があります。

[MOS(オフィススペシャリスト)とは?]
マイクロソフトのOffice製品である、Word、Excel、Access,PowerPointなどの技術を保証する、マイクロソフト主催の資格試験制度の資格保持者のことです。実務で求められるOffice製品の知識、操作などのスキルを証明する世界共通の資格です。

[資格取得のメリット]
多くの企業や公的機関などが、パソコンの習熟度の判断に採用し、ビジネススキルとして信用のおける資格として注目されています。
てんしょくの判断材料として、効率のよい仕事ができる能力を身につけてているとい証になります。
履歴書などの記載には大変有効でインパクトのある資格です。

ディードットステーションのパソコン教室
初心者の方もスキルアップの方も、楽しくパソコンが上達できます

パソコン 資格 種類

マイクロソフトのOffice製品である、Word、Excel,PowerPointなどの技術を保証するマイクロソフト主催の資格試験を取得すると活躍の場が大幅に広がります。

パソコンのスキルを活かすための資格の種類はいくるかあります。

【MOS試験 資格】
就・転職に有利な資格NO.1!!

【VBA 資格】
ビジネスに活用するスキル

【オフィス&WEB 資格】
事務+WEBで転職を有利に

【MCT 資格】
マイクロソフト認定トレーナー

Word 2010・Excel 2010・PowerPoint 2010(スペシャリストレベル)の試験勉強を行い、資格を取得することにより、就職に有利になりますよ。
>>パソコン廃棄

パワーポイント 資格

パワーポイントが何かを分からない人は多いかと思います。
パワーポイントとは、『プレゼンテーション作成ツール』です。
このパワーポイントを使うことにより、印象に残る提案資料を作成することができます。
特に営業事務の就職をお考えの方には必須の資格といえます。

【パワーポイント 資格】
■質の高い提案資料を短時間で作成可能!
■ビデオの埋め込みも可能!
■スライドのレイアウトをまとめることができる!
■画像を挿入できる!
■管理ツールで無駄なく仕事を効率化!

携帯電話での閲覧もでき、アイフォンも可能です。
PowerPoint 2010をマスターして就職を有利にしましょう。

ワード(Word)の資格

ワード(Word)は、文章を作成するツールのことであり、お客様等に契約書の作成や、新規事務所の移転案内の文書等を作成するときに使用します。
もちろん、画像を挿入したりもできるのですが、そういった時はエクセルを使用する場合が多いでしょう。
ただ、事務系のお仕事をお探しの方には必須のスキルです。

【ワード 機能】
■視覚的に魅力のある文章を今までよりも簡単に作成する
■よりうまく協業する
■文章を効率的に管理する

エクセル(Excel)の資格

一般事務の必須のスキルといえばエクセル(Excel)です。
エクセルをマスターすると、あらゆる仕事を簡素化でき、大変便利なツールです。
エクセルの資格を取得すれば、事務職として大変便利なツールとなります。
まずは、機能についてご紹介します。

【エクセル 機能】
≪表計算≫
計算機能に持つ表を作成できます。

≪グラフ作成≫
作成した表をもとにグラフを作成できます。

≪データベース≫
表をリスト形式で作成することで、
簡易データベールとして活用できます。

≪データ分析≫
表に入力したデータを様ザなな角度から分析可能です。

≪図面作成≫
オートシェイプを使用して、説明図やフローチャートなどが作成できます。

これだけのことがエクセルではできます。